夕張メロンみたいに美しかった、あのカンテンコケムシ。
https://manzanc.jp/fieldnote/2022-10-17-17-10-46
冬に「休芽」を放って消滅するというので、
その「解散」を見たくて、飼育してきました。
もやもや
最近、急にまわりがモヤモヤ~っと、ぼやけてきたような…。
もしかして、「解散」始まってる⁈
浮遊
水面にほこりが浮いているので、捨てようとしましたが…

よ~く見ると、もしかして、これが「休芽」⁈
直径はわずか2~3mm。

画面から目を遠ざけると、もっと見えてくると思います。

顕微鏡1
水面にも、水底にもあります。
ピペットで吸い上げ、顕微鏡で見てみると…

顕微鏡2
解散後も、数十匹の「群体」なのでしょうか。

顕微鏡3
もう、触手があるようには見えません。

問題は、春にどんな風に「総選挙」が始まるのか、です!
不思議は尽きません。
乙女たち
…ってか。